fbpx

ラウデミオ・ファットリア・ディ・マイアーノ 2020 エクストラバージン・オリーブオイル

ファットリア・ディ・マイアーノが技の粋を集めて作る「ラウデミオ(Laudemio)」。200年以上にわたりフィエーゾレの丘の自然に生きるオリーブの木だけが可能にするその味は、まさにエクストラバージン・オリーブオイルの真髄です。濃密なポリフェノールと豊富な芳香成分が醸し出す香りと味は繊細でありながら力強く、料理にさらなる上質の旨味を加えます。

32,00210,00

クリア

Buy this product as a gift

Do you think this product is the perfect gift for a friend or loved one? Buy a gift voucher for this product and send it by email to whoever you want!

「ラウデミオ(Laudemio)」の意味
中世の時代、「ラウデミオ」とはその土地における最も良質なオリーブを意味し、収穫を祝うに際して領主に献上されていました。今日、「ラウデミオ」のブランドは歴史あるトスカーナ産エクストラバージン・オリーブオイルの文字通り最高傑作であり、その唯一無二の美味を世界に伝えています。
「ラウデミオ」の誕生は1980年代の中頃。イタリア国内および欧州における法の整備に先駆け、ここトスカーナにおいて志あるオリーブ生産農家の複数が集い、共同事業体(Laudemio Consortium)を組織し、他に類を見ない品質を保証するための協定を結んだことに始まります。その独自の協定により、どこよりも厳格な生産規則と品質管理基準を設定。歴史と伝統に基づき、常に産地と自然環境への尊崇の念を持ち続け、限りなく高い純度に裏打ちされた品質を確保する。この普遍の哲学と原則こそが、自然の調和のなかでの丁寧なオリーブ栽培、最良の成熟状態における果実の収穫、徹底した温度及び衛生管理のもとでの搾油、そして製品保存から瓶詰めの方法に至るまで、すべての過程における最高のクオリティを保証しています。

現在(2019年時点)、「ラウデミオ」を生産する農園の数は22(https://www.laudemio.it/produttori/?lang=it)。「ラウデミオ」の生産者となるには、共同事業体(Laudemio Consortium)が定める規定により、まずフィレンツェ地方の特定地域においてトスカーナ産オリーブ品種のみを栽培する農場を持つことが大前提とされ、この条件をクリアした上で、「オリーブの栽培と収穫、搾油、保存、瓶詰め」の全行程を自社の農園敷地内で行う生産者だけが「ラウデミオ(Laudemio)」の審査を受ける資格を有します。そして、厳格な審査・監査機関と2つの試飲委員会(計20人体制)による最終的な品質検査において、最高の純度と味を持つエクストラバージン・オリーブオイルであると認定される製品だけが「Laudemio」の名を冠することができるのです。

重さ 5 kg
Scroll to Top